ソーシャルビジネス経営塾

こんな方におススメします

■地域ビジネスを経営したい方
地域課題を解決するビジネスを継続していくために、事業計画をしっかりとたて、収入を得ながら雇用をうみだす事業経営を目指します

■21世紀型企業CSRを考える経営者
既存の業務内容に加え、企業をとりまく地域社会への社会的責任とは何なのかを正しく理解し”CSR”を考えます

■キャリア世代の女性
女性ならではのキメ細やかな視点を受益者のニーズにあわせて、ターゲットを定めることで地域のネットワークを広げ、チャンスを増やすために探求します。

■社会的自立をした豊かな定年後を目指す方
経験も人脈も豊富な定年退職後、収入を伴うビジネスに関わることで、若者や地域・行政から期待される人財になり社会経済の活性化を担うライフスタイルを学びます

■新規事業を手がけたい企業勤務の方
企業に勤めながらも、経営者の視点を持ち自己のビジネスチャンスを目指すためのノウハウを身につけます

ソーシャルビジネスとは

私たちの住む地域社会には、環境問題をはじめ少子高齢化や福祉など多種多様な社会課題が顕在化しています。
これらの課題解決をミッションとし、行政に依存するのではなく住民・NPO・企業が協力し、独自の事業として取り組む事業を”ソーシャルビジネス”と呼びます。
ソーシャルビジネスの振興により、新たな起業や生活基盤となる収入を伴う雇用の創出などの地域活性化が期待されています。

ソーシャルビジネス経営のポイント

利潤追求を最大の目的とする事業とは異なり、”ソーシャルビジネス”には『社会性』という重要な要素が必要です。

  • 1. 地域社会とのソーシャルネットワーク(利害関係を超えた社会的価値観を共有するネットワーク)の活用
  • 2. グリーンコンシューマー(経済的価値観だけではなく社会的価値観で物事を判断する消費者)とのつながり
  • 3. WIN-WINな事業提携、アライアンスを活用する戦略(CSR企業とのつながり)
  • 4. 事業継続力・営業力・企画提案力・経営力・人間力
  • 5. 情報収集力・そして情報受発信力(メディアリテラシー)

ソーシャルビジネス経営塾の特徴

受講終了後の皆様が、社会的価値観を持った事業で生活が成り立つ立場を確立し、共に地域活性化をしていくことを目標にしています。
単なる知識を学ぶだけではなく、起業し事業継続を目的とした内容の講座および、サポートを充実させました。

  • ・受講後の経営に向けた実践型カリキュラム
  • ・事業計画書の作成
  • ・グループワークを通じたアウトプット型講座

経営に向けてのフォローアップ

起業に関する細かいアドバイスから、経営の実質的なフォローを提供します。
講座終了後1年間の事業運営に必要な協力体制を整えています。(*講座終了後1年間有効)

  • ・最大10回の個別相談
  • ・個別事業計画書の赤ペン添削
  • ・公募事業へのトライアルサポート
  • ・事業運営に関する経営アドバイス・申請代行紹介

市民社会メディアとしての広報支援

独自の市民社会メディアによる情報発信で、ソーシャルビジネスの「見える化」を行っています。

えふネット福岡 CSR社会貢献企業TV

えふネット福岡 温暖化防止ふくおか市民放送局

2011年7月開催の経営塾は受付終了しました。次回開催時は改めて募集いたします

このページのTOPに戻る

カリキュラム・講師紹介

充実の16日間講座で、じっくりと理解しながら各自の事業展開をイメージできます。

定 員:8名
(8名に満たない場合は開講延期または中止します)
時 間:毎週月曜日 19:00~21:00
講座数:全16日間 32時間
個別相談 最大10回(各50分以内)
開催日: 本募集は終了しました
受講料:168,000円(税込み)
会 場:NPO法人 えふネット福岡 事務所

講師紹介

蓼原典明(たではら のりあき)

NPO法人えふネット福岡 専務理事
大手企業勤務後、ITベンチャーを起業。その後事業に失敗。それを好機と捉え地域貢献事業を模索。
地域活性化プロデューサーとして当法人を設立。
経験を余すところなく活用し九州を中心に、中間支援組織として様々な協働による地域活性化をプロデュース。
SB・CSR企業に関する講演多数

蓼原典明(たではら のりあき)プロフィール

カリキュラム

1日目 ・オリエンテーション
・SB経営に向けた基本理解
2日目 ・経営のイメージの具体化、立ち位置
・SBの理解、概論、社会背景
3日目 ・SBに必要な協働力
・WIN-WINな事業提携 アライアンス経営とは
4日目 ・SBのマーケットの理解
・地域とグリーンコンシューマー
5日目 ・事業計画書作成のための知識
・ビジネスプランのポイント
6日目 ・CSRの理解(企業・市民・消費者)
・住民、NPO、企業、行政の相互理解
7日目 ・グループワーク
・協働の正しい理解
8日目 ・グループワーク
・地域課題の分析、解決事業のイメージ
9日目 ・地域への関わり。課題の見つけ方、地域資源
・ビジネスプランの考察(*課題)
10日目 ・SB事例紹介(映像コンテンツの視聴)
・イメージの具体化
11日目 ・行政の公募事業、補助金制度の理解
・経営に必要な~資金調達、会計処理・人事管理
12日目 ・CSR企業とのコラボレーションに必要な知識と、企画提案力、人間力
13日目 ・個別事業計画発表
・事業計画実現に向けたアドバイス
14日目 ・SBの戦略的な経営概論
・失敗原因分析、経営者としての資質
15日目 ・ビジネスパートナーとの出会い
・中間支援組織の活用
16日目 ・行政の施策の理解、地域のサービス
・経営に向けた最終イメージの確認

このページのTOPに戻る

お申し込み方法

1.下記リンクから、「申込み書」をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、
 E-mailで、件名を「経営塾 申し込み」にして、sbcb@fnet-fukuoka.netへ送信してください。
2.えふネット福岡より申し込み受付の確認メールをお送りいたします。
 ※この段階では受付完了はしておりません。
3.受講料のお支払い方法をご連絡いたします。
4.ご入金いただきましたら受付完了のご連絡をいたします。
5.これで受付完了となり、初回講座のご案内をいたします。


経営塾にお申込み前に、疑問や不安を解消します!
個別相談を受け付けています。ご希望の方はご予約ください。

プレ個別相談実施!(¥10,000)
経営塾の「申込み書」からご予約ください。 お1人様1回のみ。50分以内の完全予約制とさせていただきます。
(6月21日~27日開催)
*ご相談後、受講申し込みの方は、相談料を受講料に充当させていただきます

 申込み書(word)

注意事項

  • *お申し込みに際し、当法人の基準をもって受講をお断りする場合があります
  • *講座開始後、受講をキャンセルされても受講料は返金いたしません
  • *講座が人数に満たず中止になった場合、受講料は返金いたします
  • *他の受講生に多大な迷惑がかかると認められた場合、途中であっても受講を、お断りする場合がございます。その際返金はいたしません
  • *お申し込み、講座実施にて知り得た個人情報については、当法人からの連絡にのみ使用し、データは厳重に管理いたします

このページのTOPに戻る

よくある質問 Q&A

起業前でも経営塾を受講できますか
はい、受講できます。
ただ講座の内容としてはソーシャルビジネスの基礎はある程度理解あるものとしてすすめていきます。また、SBを起業し経営していく方のための塾としての位置づけで講座を編成していますので、その点をご理解ください。
ソーシャルビジネス(SB)とコミュニティビジネス(CB)の違いがわかりません
ともに地域社会の課題を解決するビジネスといわれます。SBとCBの大きな違いは、雇用をするということです。
しかも生活が支えられるレベルの給与を支払えるような事業規模を実現することにあります。
そのために必要な経営力がCBよりもSBの方がより高く求められています。
ソーシャルビジネスではどれくらいの収入を目指せるのですか
生活を支えられる雇用を目指すSBにおいては、一般企業と同様の収入を目指すことができます。
この経営塾では、月収30万円を狙える事業を築き上げていくことを目標にしています。
社会的価値観の高いビジネスで理想の収入を得られる魅力を知って欲しいと思います。
経営塾を終了すると、どのようなステップアップができるのでしょうか
起業から経営、営業戦略まで体系的に学んでもらいます。
そして終了後には行政の公募事業にチャレンジできるレベルの能力を身に着けていただきたいと思います。
実際にチャレンジする時のサポート体制も整えています。
終了後1年間のサポートはなぜ必要なのでしょうか
セミナーなどで学ぶだけでは、SBの経営は中々進展しにくいのが現状です。
講座を終了してからの個別の事業計画を実現化するための「個別相談」、公募事業等にチャレンジする際の「サポート」、事業を展開していく上で効率的な「アライアンス(事業提携構築)」戦略の仲介、と複合的なノウハウが必要です。
それらを実務を通じて学んでもらうために1年間のサポートを実施しています

お問合せ

運営事務局:NPO法人 えふネット福岡

福岡県宗像市栄町1 2-3 ルネッサンス栄町502号

E-mail sbcb@fnet-fukuoka.net

主催:事業型NPO法人 えふネット福岡

このページのTOPに戻る